その子の名前はベビ。ちいさな女の子。
PLUMEで生まれたブルーチェリーは、かつて元気に歌っていた
愛らしいその子のお名前を頂きました。
ベビは、まだ保育箱に入っている頃に
コザクラノーマルの「音くん」のパートナーとして迎えられました。
音クンの最初のパートナーは、夜中に突然亡くなってしまったそうです。
可愛い子との突然の別れを乗り越えて、ようやく迎えたベビ。
ママは、また逝ってしまうのでは?と心配で心配で 何度も保育箱を
覗いてしまったとか。

音クンはベビに一目ぼれ♪保育箱に一緒に入りたい!と
せがまれたそうです。*^−^*
その日から2羽は誰にも引き離せないほどの
ベストカップルになりました。

お年頃になり、腰に紙を挟んで運ぶベビ。
それを見て、一生懸命真似をする音クン。
でも、男の子だね。挟む場所が違ってた。胸に挟むもんだから
紙がポロポロ落ちちゃって、一生懸命拾い集めてたそうです(笑)
ベビの腰に挟んだ紙を取ろうとして、いつも怒られていた音クン。


だれの目から見てもこの2羽がお別れする日が来るなんて
想像出来なかったでしょう。
運命は時に とても残酷。
たとえ神様に深〜い考えがあったとしても・・・・・。
ベビは、三度目の卵詰まりを乗り越える事ができませんでした。
音クンとママを残して 天国のお星様になってしまったそうです。


実はママさま、ベビの亡骸を見ていません。
具合の悪かったママの代わりに、
病院に連れて行った旦那サマが最後を看取り、そのまま埋葬したからです
きっと、(亡骸を見てしまうと 辛すぎるから・・・)と思われたのでしょうね。

その後しばらく、ベビを呼ぶように音クンはず〜っと泣いていたそうです。
そして・・・・何も語らない子になってしまいました。(涙)

ラブバード。まさに愛こそすべて、という鳥なのですね。
今では音クンも天国のお星様です。
別々に埋葬された2羽・・・。
でも、その魂はきっといつまでも互いの側を離れないでしょう。
今度こそ、永遠に。

インコやオウム 鳥のぬいぐるみ バードフィギュア専門のアトリエプリュム
Name  Baby・ベビ(ブルーチェリー)

Back