コザクラインコ・ノーマル

オウム目・インコ科
(平均体長15センチ)


↑コザクラインコの遊子ちゃんには、長年一緒に暮らした
オカメインコの「レモン」ちゃんがいました。

レモンちゃんは大変臆病な性格で、見慣れないものには威嚇したり

逃げ回ったりするそうですが、遊子ちゃんフィギュアにはとても友好的で

近寄って話しかけてくれたそうです。「インコも認めるクオリティー」と

お母様より勿体ない程のお言葉を戴きました。ありがとうございました。(/ω\)

「コザクラインコ」「Peach-faced Lovebird」 コザクラインコの左側
「コザクラインコ」「Peach-faced Lovebird」コザクラインコの右側
「コザクラインコ」「Peach-faced Lovebird」 バードフィギュアのアトリエプリュム
※コザクラインコの遊子ちゃんフィギュアを手にしたお母様と

お嬢様のLINEでのやり取りをスクリーンショットを撮って送って下さいました。

ご快諾を戴きましたので下記に掲載させていただきます。
Peach-faced Lovebird

「先日、わたくしの母が13年可愛がっていたコザクラインコが天国へ旅立ちました。」

お母様を御慰めしようと、お嬢様がアトリエへお声を掛けて下さいました。

可愛らしいコザクラインコのお名前は「遊子ちゃん」。

お母様の手が大好きで、チラシや新聞紙をクチバシで千切って遊ぶのが

大好きだったそうです。

「遊子ちゃんフィギュア」のプレゼントはお母様には秘密のミッションでした。

飼い主さま(お母様)より直接のお声を聴くことが出来ませんが、

お嬢様の適切なアドバイスを沢山戴いて、職人としても大変満足のいく出来栄えで

誕生してくれました。

「遊子ちゃんフィギュア」をサプライズプレゼントとしてお受け取りになったお母様。

普段は穏やかで、あまり感情の起伏を見せることない方だそうです。

そのお母様がとても熱い喜びのメッセージをお嬢様に送って下さったそうです。



もともと、このアトリエは愛鳥のオカメインコを亡くした母の為に、

娘であるわたくしが、愛鳥に似せてフィギュアを作ったのが始まりです。

その時の想いも重なってつい、職人は涙目になってしまいました。

アトリエにまた ひとつ、心に残るご縁が増えました。

「コザクラインコ」「Peach-faced Lovebird」コザクラインコの後ろ姿
「コザクラインコ」「Peach-faced Lovebird」 コザクラインコの頭
Gallery top
home top
白文鳥
白文鳥