「ひとり」より「ふたり」。

それはフィギュアの世界でも同じだと感じています。

誰だって話し相手がいれば嬉しいもの。*^^*


以前にアトリエから生まれたズグロシロハラインコを

お求め下さったお客様が、ズグロちゃんのお友達として

この子達を お迎えてして下さいました。



今回の制作している間、アトリエは非常に賑やかでした。

だんだん形になるに従い、それぞれの個性が出て

シマエナガとリスの「ふたりの世界」が出来ていくのを感じました。

ふたりを観ていると会話は無限に生まれていくようでした。

私も会話に加わりたくて、何度ももどかしく思ったものです。(笑)


フィギュアを同時に2体制作すると、存在感は1×2以上になります。

とても不思議ですが、存在感は二乗で増えていくような感覚です。

2016年冬現在、クリスマス前のオークションが恒例となっていますが

これからも、観ている方が幸せな楽しい気持ちで一杯になるように、

「楽しい会話」が聞こえてくるような世界をお届けしたいと思います♪

「シマエナガ」の画像 インコやオウム 鳥のフィギュア専門のアトリエプリュム
「シマエナガ」の画像 インコやオウム 鳥のフィギュア専門のアトリエプリュム
「シマエナガ」画像 「Long-tailed tit」 インコやオウムのフィギュア Birdfigure

シマエナガ&リス

スズメ目・エナガ科
(平均体長14センチ)

Long-tailed tit
「シマエナガ」 「リス」 フィギュアの画像
「リス」の画像 

「シマエナガ」の画像 「Long-tailed tit」 インコやオウムのフィギュア
Gallery top
home top
白文鳥