Blue-fronted Amazon

アオボウシインコ

(オウム目 インコ科 ブラジル原産 平均体長35センチ)

アオボウシインコ atelier PLUME オリジナルラグバードフィギュア
アオボウシインコ atelier PLUME オリジナルラグバードフィギュア
アオボウシインコ atelier PLUME オリジナルラグバードフィギュア
home top
Gallery top
アオボウシインコ atelier PLUME オリジナルラグバードフィギュア
アオボウシインコ atelier PLUME オリジナルラグバードフィギュア
アオボウシインコ atelier PLUME オリジナルラグバードフィギュア
アオボウシインコ atelier PLUME オリジナルラグバードフィギュア
神経質な子が多いと思われている鳥種ですが、なかなか愛嬌のあるインコです。
気に入った人には積極的にコミニュケーションを取るインコで
物真似が上手な子が多いインコといわれています。
職人モモが神戸花鳥園へ行く際に途中立ち寄った、名古屋のとある動植物園に
一羽のアオボウシインコがいました。
目立たない場所と地味なゲージだった為、危うく素通りしてしまうところでしたが
なにやらけたたましくお喋りしている声に引き止められました。(笑)
完全な人言葉ではなく、半分は鳥言葉に戻ってしまっていましたが、
時折聞こえる正確な発音にビックリさせられました。 
と同時に、この子はかつて誰かに大切に飼われていたインコで
そこで覚えた言葉なのではないか?と思いました。
動物園での生活に退屈しているのではないだろうかと心配になり
思わず連れて帰りたい衝動に駆られる職人なのでした。